【グラブル】アオイドスの正体とテンションの使い方

アオイドスは、火属性のSSRキャラクターです。

「テンション」という独特のバフ要素を持つキャラクターで、元から優秀な攻撃力を持ったアタッカーを「レイジ」などとは違った要素で底上げしてくれます。

またギターを持ったグラフィックの通り音楽系のキャラクターで、なんとフェイトエピソードで歌を聴くことが出来るのです。

この歌は、マイページでアオイドスを表示することによっても聴くことが出来ます。

グラブルは歌もどんどんCD化していますので、いつかアオイドスの歌もCD化してくれるといいですね!

アオイドスは記憶喪失という設定があり、謎が多いです。

アオイドスの正体も気になりますし、ゲームとしてはテンションをどう扱っていけばいいのかも気になりますね。

そんなアオイドスについての情報を以下にまとめています。

ぜひご確認くださいね!


アオイドスのデータ

まず、アオイドスがどんなデータを持っているのかを確認しましょう!

レアリティ:SSR
属性:火
タイプ:特殊
種族:ヒューマン
加入条件:フライアウェイ入手(レジェンドガチャ)
声優:谷山紀章
HP(Min/Max):270/1680(+240)
ATK(Min/Max):1580/8400

奥義
Heavens On Fire:火属性ダメージ(特大)/自分のテンションアップ

アビリティ
Judgment Night:使用間隔:8ターン、+Lv55 自分のテンションアップ(+で使用間隔7ターン)

Bloody Garden:使用間隔11ターン、+Lv75 自分の連続攻撃確率アップ/敵対心大幅アップ(+で使用間隔10ターン)

Legendary Warriors:使用間隔5ターン、+Lvなし 味方全体のテンションアップ

サポートアビリティ
Killing Wing:稀に敵の通常攻撃を回避して反撃

アオイドスはテンションというバフを操作することに特化したキャラクターです。

レイジなどとは別系統で攻撃力をアップさせることが出来るので、パーシヴァルなど攻撃力の高いキャラクターと組み合わせるとより良い効果を発揮します。

とはいえテンション効果は1~4まであり、どうかかるかはランダムです。

運が絡むキャラクターとも言えますね。

2アビの連続攻撃確率アップ、そして敵対心大幅アップですが、後半の敵対心大幅アップが曲者です。

アオイドス自体は自分に3ターン持続するテンションを付与出来るので、これと合わせるとトップクラスの攻撃力を持つことも可能です。

しかし、同時に敵から集中攻撃を受けて落ちてしまう可能性もあります。

ガンダゴウザなど、敵対心を操作出来るキャラクターと一緒に運用することをオススメします。

使用間隔が長めですが効果時間も6ターンと非常に長いので、注意して使うようにしていきましょう。



アオイドスの正体とは?


アオイドスのフェイトエピソード内容のバレ要素があります。

もしご自身で確認したい場合、この項目は飛ばして読んでくださいね!

アオイドスは、一年以上前のことを覚えていないという記憶喪失キャラクターです。

そんな中で知り合った芸能関係者が音楽の才能を見出し、アオイドスはソロシンガーとして活躍します。

それでも「音楽的に何かが足りない」という悩みを抱え、一緒に音楽をやれる仲間を求めてグランサイファーにやってくる……と言ったのがはじまりなのです。

そんなアオイドスですが、3アビエピソードのときにゴロツキに「残虐三兄弟」と呼ばれ、恐れられるという展開が発生します。

また「アオイドスには武器を持たせるな」と最初にマネージャーに言われていたのですが、エピソードの展開により武器を持ち、性格が豹変して残虐な一面を覗かせることになります。

「残虐三兄弟」とは、「最強の傭兵三人組」のことであり、アオイドスはそのリーダーだった過去があるのです。

血を好む残虐な性格で、結局仲間のうちでも揉めてしまってアオイドスも怪我を負い、記憶を失ったという設定です。

アオイドスが持っているギターにはレイピアが仕込まれてあり、彼の歌にも残虐な性格だった頃の片鱗が確認出来ます。

この残虐三兄弟、今後も何か展開があるのでしょうか。

アオイドスはまだシナリオで活躍はしていないので、今後に期待したいところです!


アオイドスのアビリティ「テンション」とは?


アオイドスの「テンション」というバフは、何度かお話している通りレイジなどとは別系統の攻撃力アップ要素です。

その効果は1~4で変化し、テンション4となった場合の火力は見違えるほどになります。

1~2が多く、3以上は運が良ければ程度の感覚ですが、1でも多少の攻撃力の上昇は体感出来ます。

フルチェイン時などに合わせて使っていきたいアビリティです。

味方全体へのテンションアップは1ターンのみの効果ですが、アオイドス自身へのテンションアップ(1アビ)は3ターン持続します。

敵対心大幅アップがあるので気をつけなければなりませんが、このタイミングと合わせて連続攻撃確率もアップさせれば(2アビを使用)、アオイドスも十分アタッカーとして活躍出来るのです。

またイベント限定なので今現在入手は厳しいのですが、光のSSR召喚石「ティクニウトリ・ショロトル」も合わせて運用することをオススメします。

こちらの召喚石も「テンション」を付与するものとなっています。アオイドス一人でテンション4まで持っていくことはなかなかありませんが、ティクニウトリ・ショロトルを合わせることによってテンションを上げることが可能になるのです。

どちらも効果は1ターンなので、フルチェインなどのタイミングに合わせられるように調節していきましょう!



まとめ


アオイドスはテンションという独自バフの印象が強いですが、本人の攻撃力も決して低くはありません。

自身のテンションアップも持っていますので、場合によってはアタッカーよりも高い攻撃力を誇ることもあるくらいなのです。

割と最近追加されたキャラクターであること、シナリオなどで大きく取り上げられていないことによりあまり印象がない方もいらっしゃるかもしれませんが、アオイドスは「ヒューマン」というのも魅力です。

火属性ヒューマンパーティでバハムートダガーを使っている場合、例えばパーシヴァルやクラリスをメインに運用している場合、アオイドスは十分そこに入れる価値があります。

もし今使ってない方も、良かったら検討してみてくださいね!

【グラブル】リセマラでアオイドスは当たり?評価してみた

このページの先頭へ