グラブル!共闘でのネプチューン対策や3凸時の強さ

ネプチューンは、水属性のSSR召喚石です。

またそれだけではなく、四象イベントや共闘のEXTRAステージで戦うことにもなりますね。

四象はここ最近回数が増えてきましたが、以前はそもそも単独属性でしたしあまり見かけることもなかったかもしれません。

共闘のEXTRAステージが一番相手にする回数が多いのではないでしょうか。

そんなネプチューンについて、性能や共闘での攻略法、また3凸……最大開放についてなど、気になるポイントをまとめてみました!


グラブル!共闘でのネプチューン対策や3凸時の強さ


共闘EXTRAステージでネプチューンと戦う場合の攻略法

ネプチューンとは、共闘のEXTRAステージ4-2で戦うことになります。

ここまで進めてきたのならそこまで引っかかる要素はないと思いますが、この辺りとなると事前に対策を知っておいたほうがスムーズに進められます。

ぜひ対策も知っておきましょう!

ネプチューンは単体ではなく、付属モンスターもいる状態でのバトルになります。

ネプチューン・オリジン
ルヴェリエ

この二体を相手に戦うことになります。

ネプチューンを倒せばバトルは終了するのですが、ルヴェリエはグラビティ無効・スロウ無効という嫌らしい特徴を持っています。

特殊技を食らう回数はどうしても増えてしまいますので、マウント系アビリティ(弱体効果を無効化してくれるアビリティ)やバアルなど、しっかり対策をしておいたほうが良いでしょう。

その上でルヴェリエを先に倒し、ネプチューン・オリジンを攻略していきます。

ネプチューン・オリジンのOD限定技「トライデント・ストリーム」は「アークオーダー」の発動後でないと使ってきません。

これを知っておかないとファランクスなどのタイミングを失敗してしまうので、ご注意ください。

倒すとジョブの証や戦士もしくは魔道士の信念、オリバー・レプリカ、ランゲレイク・レプリカなど有効なアイテムを落とします。

EXTRAクラスや上位ジョブ取得のために何度も通うことになるかもしれません。

気の長い作業になりますが頑張っていきましょう!



召喚石としてのネプチューンのデータ

次に、レジェンドガチャで引ける召喚石としてのネプチューンのデータをまとめました。
最大開放のお話をする前に、是非一度ご確認ください。

レアリティ:SSR
属性:水
種族:星晶系
入手方法:レジェンドガチャ
MinHP/MaxHP:125/740
MinATK/MaxATK:330/2070

召喚
トライデント・ストリーム:敵全体に水属性ダメージ(特大)/味方全体の防御アップ(大)

加護
水属性キャラの攻撃力が30%アップ/再生効果

どちらかと言えば防御よりの構成、そして属性攻撃力アップも低めなため、火力よりのパーティの回復、もしくは防御よりパーティの強化として運用していくことが多くなります。



ネプチューンの最大開放(3凸)について

ネプチューンを最大開放すると、キャラの攻撃力30%アップが40%アップに、再生効果の最大回復上限が300→400にアップします。

……それだけなんですね。

40%に上がっても、イベント召喚石などにも劣る可能性が高いのです。

再生効果の強化は確かに強いです。

使えないわけではないのですが、これだけのためにネプチューンを3凸しようとは、正直あまり思えないですよね。

無凸でも召喚効果は変わりませんし、そもそもガチャ産のSSR召喚石は滅多に揃うものでもありません。

最大開放するよりは、エレメント化して素材を手に入れたほうが総合力アップに繋がる可能性も高いかと個人的には思います。

無凸で考えるなら、ネプチューンはぜひ持っておきたい召喚石です。

攻撃パーティへのフォロー、防御パーティへの強化、どちらにも非常に有効です。

加護の攻撃力アップだけを見て砕いてしまうのは勿体無いですので、ひとつは残しておくことをオススメします!



まとめ

ネプチューンの加護は正直弱く、積極的にメインに入れている方は少ないと思います。

でもネプチューンって可愛いですよね。

元々神撃のバハムートからの出張らしいのですが、とりあえずセットしてたまには眺めておこうかって思ってしまう可愛さがあります。

こんな思考でセットするのも、元よりキャラクターが魅力的なゲームなのですからアリだと思いますよ。

共闘のネプチューンの場合、「強い」というより「めんどくさい」といった印象を受けがちです。

しっかり対処法を覚えておいて、ストレスなくこなせるようにしていきましょう!

【グラブル】リセマラでネプチューンは当たり?評価した

このページの先頭へ