【グラブル】キュベレーとメデューサの違い!再生効果も

グラブル!キュベレーとメデューサどっちを使う?

キュベレーとメデューサ、どちらもガチャから入手出来る土属性SSR召喚石ですよね。

キュベレーは再生効果とアビリティ攻撃力アップ、メデューサはブレイクの維持と使い方も全然違います。

最大解放するとメデューサの加護は属性攻撃力80%アップと大きく上昇するので、やはりメデューサを優先する方が多いかもしれません。

状況に応じて入れ替えるのが一番ですが、この2つの召喚石の特徴についてもう少し調べてみましょう!



キュベレーとメデューサの違い


キュベレーの加護は属性攻撃力30%アップと再生効果、召喚時にはアビリティ攻撃力アップとなっています。

一方メデューサの場合、加護が属性攻撃力50%アップ、召喚時の効果はブレイクの維持です。

単体で見ると「攻撃力アップの低さは気になるけれど、キュベレーのほうが総合的に使える」という印象になりますね。

しかしメデューサは、最大解放すると加護が80%アップ、最終解放までするとこれにHP+20%がつきます。

召喚時の効果にも4ターンの弱体耐性アップがつきます。

……が、これはあまり気にして使う方も多くなく、効果も信頼できるほどではありません。

キュベレーの場合は最大解放しても加護で属性攻撃力40%、再生効果の上限が400(通常は300)となるだけですので、ここまで上げるとどうしてもメデューサのほうに軍配が上がります。

とはいえあくまでメインで運用する場合です。

「どちらも使いつつ必要時に応じて入れ替える」がベストなことに変わりはないでしょう。

キュベレーは再生効果を気にしなければむしろサブで運用したい召喚石なので、個人的には基本はメインがメデューサ、サブがキュベレーかなと思います。



キュベレーの再生効果は強い


突然タイトルで先程の結論を否定してしまっていますが、キュベレーの再生効果はとても強いです。

最大で300(最大解放で400)回復するのですが、この再生効果はサポート召喚石でキュベレーを選んだ場合にも重複します。

自分のメイン、そしてサポートどちらもキュベレーを選んだ場合、600もの再生効果を期待出来るのです。

ここから更に回復上限アップ(主人公のジョブのアビリティ効果など)を乗せることも出来ますので、特に序盤のクエスト進行などでは大きく役にたってくれるのではないでしょうか。

高難易度になると火力や完全防御に思考の主軸もシフトするので、序盤から中盤にかけておすすめします。



メデューサはメインかサポートでなければ使えない?


メデューサは、最大解放までしてからの属性攻撃力80%アップが何よりもの魅力です。

しかし召喚時のブレイク維持が必要かはパーティ編成次第でもありますし、そもそもゲージがない敵には全く効果がありません。

キュベレーと違い、どちらかというと火力やHPアップを期待してのメイン・サポート召喚石としての運用が主軸となってしまうのです。

ブレイクに頼る編成ならもちろん持続に意味はありますので、編成次第でありだとは思います。

そして何より、最大解放するとメイン召喚石としてなら土属性トップクラスの属性攻撃力アップという魅力があります。ぜひ揃えたいですよね。

ガチャからしか引けないので無課金だと正直厳しいですが、もしメデューサがだぶったら積極的に上限解放もしくは倉庫で待ってもらいましょう。



まとめ


キュベレーとメデューサはそれぞれ良いところ、使いにくいところがあります。

状況に応じて使い分けるのが一番ですし、最終的には好みで選んでしまっても良いのではないでしょうか。

メデューサは神撃のバハムートからの出張キャラでもありますし、根強い人気がありますね。

どちらも可愛くて使い道のある召喚石なので、ゆっくりご自分のパーティ編成と相談していただければと思います。

キュベレーはサポート召喚石に設定しておけば、特に初心者さんに喜ばれるかもしれませんね。

【グラブル】キュベレーの加護は重複する?エレメント化する?3凸する?

このページの先頭へ