【グラブル】キュベレーの加護は重複する?エレメント化する?3凸する?

⇒⇒グラブルを無課金で攻略する方法とは?

グラブル!キュベレーの運用について考えてみよう

キュベレーは、土のSSR召喚石です。

加護による攻撃力アップは30%となっています。

これだけだと見た限りではそんなに強く見えませんが、加護や召喚時の効果はとても高く、有効な召喚石なのです。

特に序盤のクエスト進行で大きく役立ってくれます。

どのような使い方があるのか、ぜひ知っておきましょう!

キュベレーのデータ

まずはキュベレーの基本的なデータです。

レアリティ:SSR
属性:土
種族:星晶系
入手方法:レジェンドガチャ
MinHP/MaxHP:129/790
MinATK/MaxATK:315/1920

召喚
大地豊穣:敵全体に土属性ダメージ(特大)/アビリティ攻撃力アップ(大)

加護
土属性キャラの攻撃力が30%アップ(最大解放で40%アップ)/再生効果



キュベレーの加護は重複する?


加護にある「再生効果」ですが、大体5%ほど・回復上限は300(最大解放で400)になります。

この加護の効果、実はサポート枠で同じキュベレーを選んだ場合に重複するのです。

合わせると毎ターンかなりの回復量になり、序盤のクエスト進行で大きく役立ってくれます。

回復役や壁役を減らし、より攻撃系に固めたパーティを作ることもできますね。

また召喚時のアビリティ攻撃力アップも、主人公のアビリティ「エレメンタルフォース」と重複します。

(大)と言われてもよく分かりませんが、アビリティによくある「○倍攻撃力」という数字に+0.5となっています。
(例:1.5倍攻撃力→2倍、4倍攻撃力→4.5倍攻撃力)

つまり、倍率が低く攻撃回数の多いアビリティを持つキャラ(ユーステスなど)と合わせるのが最も効果的に使える方法になります。
召喚石はつい加護による攻撃力アップの数字に目がいってしまいますが、このようにキュベレーはより強い効果をたくさんもっているのです。

メインとしてももちろん、アビリティダメージアップを狙ってサブに編成しておくのも良いですね。



キュベレーはエレメント化する?


キュベレーは、無凸でも十分に必要な強さを発揮することが出来ます。
ですからもし2つめ以降を手に入れた場合、エレメント化するのもありかもしれません。

もちろん上限解放していった方が戦力的にはプラスなので、そちらを選ぶのも十分アリだと思います。

ガチャ産SSR召喚石をエレメント化すると、大量の素材が手に入ります。

具体的にはエレメント化した召喚石と同属性のエレメントが200個、虹星晶が10個、星晶塊が20個です。……ものすごく魅力的ですよね。

エレメント化するのに費用が20000ルピ必要なので、うっかり残金を考えずにやってしまうと後々困るかもしれません。ご注意ください。

ガチャ産SSR召喚石をエレメント化するのは無課金だとかなり勇気のいる行為ですが、このゲームは遊んでいくとどんどん素材が必要になってきます。

残しておいても4回手に入れることは厳しいと思えば、割り切れるかもしれませんね。



キュベレーを3凸する?


3凸、つまり最大解放ですね。

これをやろうとすると、先程もお話しましたがキュベレーをガチャで4回手に入れる必要があります(違う方法もありますが、より難易度が高いです)。

無課金だとちょっと果てしない話ですね。

ちなみに3凸するとどうなるかというと、加護の攻撃力アップが30%→40%、再生効果の上限が400になります。

……どうしてもしなければならない、という気にはなりませんね。

もちろん最大HPやATKはその分上がりますが、苦労に見合うかどうかと言われれば50%アップイベント産召喚石でも入れておいたほうが良いかもしれません。

個人的にはキュベレーを運用したい場合は無凸で十分だと思います。



まとめ


キュベレーは無凸で十分強く、アビリティダメージアップと再生効果、どちらも序盤は特に有効です。

しかし遊んでいくと、どうしても加護の30%アップという弱さが目立つようになってきます。よほど再生効果が欲しい場合でもない限り、サポート一覧で見ていてもメデューサを選んでしまうことが多くなるでしょう。

そう考えると2つめ以降はエレメント化、もしくはとりあえず倉庫にしまっておくなど温存体制が一番かなと思います。

サポート石に設定しておくと、初心者さんに喜ばれるかもしれませんね。

サポート石でのルピ稼ぎは毎日のことなので、案外馬鹿に出来ません。

強くて有効な召喚石がない場合はサポート石にしておくのも手だと思いますよ。

【グラブル】キュベレーとメデューサの違い!再生効果も

⇒⇒グラブルを無課金で攻略する方法とは?

このページの先頭へ