【グラブル】リセマラでブルスタを使う

⇒⇒グラブルの宝晶石を無料で手に入れる裏技

グラブル!ブルスタを使ってリセマラをする方法は?

スマホでリセマラを繰り返すのって、案外しんどいんですよね。

普通に遊ぶだけでも長時間やっていたら手首や指が痛くなるのに、リセマラという単純作業になると精神的な疲れも重なって「つらい!」となってしまいます。

そんなとき、「パソコン上でリセマラが出来ればいいのに」と思いませんか?

実は、その方法があるのです。

「ブルスタ」=「BlueStacks(ブルースタックス)」というエミュレータを使えば、パソコン上で簡単にAndroidを動かすことが出来ます。

ここでは、ブルスタを使う方法をまとめています。ぜひご確認くださいませ。



【グラブル】リセマラでブルスタを使う


ブルスタを使う理由

グラブルは、公式でパソコンを使って遊ぶ方法があります。

Google Chromeをインストールする必要はありますが、これで問題なく快適に遊べます。

普通に遊ぶ場合、もちろんこちらを使うことをオススメします。

「じゃあなんでブルスタを使うの?」
と思われますよね。

その理由は「公式アプリだと通常スタートしかないから」になります。

つまり「一般会員となる必要がある=メールアドレスを登録しなければならない」という不都合があるのです。

何度も退会を繰り返すリセマラでこれは致命的ですよね。

目的は「Android版をパソコンでそのまま使う」ことにあります。

リセマラ中の方はもちろんそうでない方も、この辺りを見てどれを使うか判断していただければと思います。



ブルスタのインストール方法

まず最初に、ブルスタを配布している公式サイト(http://www.bluestacks.com/ja/index.html)へ行き右側にあるダウンロードをクリックします。

ダウンロードはすぐに終わりますので、それをインストールしましょう。

普通のインストール方法と何も変わりませんが、途中出てくる「Appstoreへのアクセス」「アプリケーション通信」はチェックを入れておきます。

全画面は「F11」で解除できます。

インストールが終わると、位置情報の拡張サービスを使うかどうか聞かれます。

使わなくても何も問題はありませんので、お好きなほうを選んでください。

これでインストールは終わり、ホーム画面が出てくると思います。



ブルスタを使って遊ぶ方法

ホーム画面に様々なアプリが並んでいると思います。

この中からグラブルを選んで、初期設定を済ませます。

Appstoreを有効にする・Googleアカウントを作るか既存の情報を入力する→これらの情報を使ってGooglePlayにログインする、という流れになります。

初期設定が終わればそのままアプリのインストールが開始され、初期画面に切り替わるはずです。

ここからは通常のプレイ方法と何も変わりません。

ゲームを終了すると、デスクトップに「Start BlueStacks」「Apps」というショートカットが作られていると思います。

「Start BlueStacks」は最初と同じ、ブルスタを起動するためのショートカットです。

「Apps」のほうを起動してみるとアプリをインストールしているフォルダが開きますので、そこから直接遊びたいゲームを選択する、という方法でも遊ぶことが出来ます。

次回からはこちらを選べばスムーズに遊べますね。



ブルスタを使ったグラブルのリセマラ方法

ここから先は、スマホを使ったリセマラ方法と何も変わりません。

「かんたん会員でスタート」→「チュートリアルをクリア」→「10連ガチャは無視」→「レジェンドガチャチケットを使ってリセマラチャレンジ」→「やり直す場合はアプリからモバゲーのページに飛び、退会」という基本的な流れを繰り返すことになります。

アプリデータの削除が上手く行かないパターンもあるようなので、ご注意ください。

とはいえパソコンからだと、他のサイトやSNSを巡回しながら遊ぶこともしやすいです。

リセマラの気分も楽になるかもしれませんね。



まとめ


ブルスタはAndroidをPCで動かすためのエミュレータなので、もちろんグラブル以外のゲームも遊ぶことが出来ます。

古いスマホだと動きが悪かったりしょっちゅう落ちる……ということもありますよね。

グラブルは比較的軽めのアプリではありますが、それでもスマホからの場合は軽量版を使う・音声を切るなど少しでも軽くしている方が大半です。

古戦場イベントなどでは通信も混雑します。せめてアプリはサクサク動く環境を用意しておきたいですね。

グラブルの公式アプリもスマホに比べると十分軽く、快適に遊べます。

リセマラが終わったらこちらに移行することも考えてみてくださいね。

⇒⇒グラブルの宝晶石を無料で手に入れる裏技

このページの先頭へ