【グラブル】リセマラでバアルは当たり?評価した

⇒⇒グラブルの宝晶石を無料で手に入れる裏技

グラブル!リセマラでバアルが出た場合のオススメ度は?

リセマラで召喚石「バアル」が出た場合の能力紹介、また運用方法をまとめました。

バアル自体は土属性ですが、加護は光と土属性どちらも攻撃力をアップしてくれる効果となっています。

40%アップなので「可も不可もなく」と言った印象になりがちですが、最大解放、そして最終解放まで進めると性能が大きく上がり、とても頼りになる召喚石となるのです。

バアルはまた、弱体効果をひとつ回復してくれます。もちろん最終解放したほうが強いですが、単体で持っていても弱体効果回復は十分頼ることが出来ます。

リセマラ時に出た場合、今後光もしくは土属性を使っていくかどうかも関わってくると思います。

これから詳しくデータなどお話していきますので、ぜひご確認くださいませ。



【グラブル】リセマラでバアルは当たり?評価した


バアルのデータ
レアリティ:SSR
属性:土
種族:星晶系
入手方法:レジェンドガチャ
MinHP/MaxHP/最終解放時:127/755/910
MinATK/MaxATK/最終解放時:310/1900/2300

召喚
ソロモンの慈音:敵全体に土属性ダメージ(特大)/味方全体の弱体効果をひとつ回復(最終開放時、弱体耐性アップが追加)

加護
土と光属性攻撃力が40%アップ(最大解放で攻撃力60%アップ、最終解放で攻撃力70%・HP25%アップにそれぞれ性能強化)



バアルの特徴

バアルの何よりも強い点は、弱体解除にあります。

召喚時の効果なので、アビリティが封印されているときにも使用が可能なのです。

ひとつしか消せません(一番新しい弱体効果が解除されます)のでタイミングなども関わります。

しかしアビリティが封印されてしまうと困る機会も多いので、「まずバアルでアビリティ封印を解除してからクリア系アビリティを使う」などの回復が可能となるのは非常に助かります。

加護は土と光属性どちらの攻撃力も40%ずつアップしてくれます。

40%アップなので、イベントなどで手に入る単体属性50%アップ系の召喚石が手に入ればメインとして使うことは減っていくかもしれません。

しかし弱体解除は欲しいタイミングも多く、またバアルを最大解放、そして最終解放まで進めると一気に性能が上がり、頼っていけるようになります。

「手持ちの召喚石が増えると一旦メインから下がるかもしれない」というだけで、決してバアルが必要でなくなることはないと思います。



バアルは使える?


リセマラ時に強いかと言われれば、少し悩むところかもしれません。

しかし初期に仲間になるキャラクターは土属性が多いので、そういう意味ではパーティメンバーが揃わない序盤のキャラと対応している召喚石は頼りになります。

バアルは揃えていこうとすると基本的にはガチャを引くしかありませんので、最終解放の強さを考えてリセマラ時にひとつ確保しておくというのは十分考慮に入れて良いと思います。

正確に言うと、サプライズチケットなどの課金要素も含めれば入手の機会は増えます。

しかしサプライズチケットを買う場合はキャラクターの入手を優先することが多いですし、強さ的にもキャラクターが揃わない間に召喚石を交換するのはなしかなと思います。

遊んでいくと、どうしてもキャラの揃い方などで得意属性・苦手属性が出てきます。

召喚石を最初に入手してしまうと、その属性のキャラクターが揃わないときに全く役に立たなくなる可能性があります。

しかしバアルは加護だけでも2属性に対応していますし、弱体効果の解除はそれこそどの属性で編成しても頼りにできます。

もちろん土属性や光属性を育てていける場合はずっとサブにいれておくメリットはありますし、ゆっくり最大解放・最終解放を目指すのもありではないでしょうか。

長い目で見ると、リセマラでバアルを手に入れておくのは決して悪い手段ではないと思います。



まとめ


バアルは自分で持っていても強いですが、サポート召喚石に選ぶと最初のターンから弱体解除が使えるというメリットがあります。

最初のターンに強い弱体効果を付与してくる敵もいますので、そういった相手のために優先的にバアル、もしくはアポロンなど弱体効果への対抗策を持ったサポート召喚石を選ぶパターンは多くあります。

通常のイベント召喚石などは最大解放しない限りデメリットを持つものも多いので、バアルを設定しておけばこういったタイミングに選ばれやすく、ルピも多めにもらえるようになるかもしれません。

細かなポイントかもしれませんが、ルピが不足することもこのゲームでは多いです。こういった利点も合わせて考えてみてはいかがでしょうか?

⇒⇒グラブルの宝晶石を無料で手に入れる裏技

このページの先頭へ