【グラブル】リセマラでバザラガは当たりなの?評価

⇒⇒グラブルを無課金で攻略する方法とは?

グラブル!リセマラでバザラガが出た場合のオススメ度は?

リセマラでバザラガが出た場合の能力紹介、また運用方法をまとめました。

バザラガは攻撃特化のキャラであり、アビリティも攻撃やそれに関わるタイプが揃っています。

「攻撃力のお化け」と称されるほどの火力を持ち、オーバードライブ時の敵に対してはその火力がより強化されます。

完全に攻撃特化しているので、バザラガを運用する場合はその攻撃をサポート出来るようなキャラクターと一緒に編成するのをオススメします。

これからデータなど詳しく説明していきますので、ぜひご覧になってくださいね。



バザラガのデータ
レアリティ:SSR
属性:闇
タイプ:攻撃
種族:ドラフ
加入条件:ミストルティン入手(レジェンドガチャ)
声優:立木文彦
HP(Min/Max):270/1410
ATK(Min/Max):1980/10560(+630)
※カッコ内はクロスフェイトエピソードクリア時

奥義
ブラッディ・ムーン:闇属性ダメージ(特大)

アビリティ
大鎌グロウノス:使用間隔8ターン、+Lv55 敵全体に闇属性ダメージ/奥義ゲージアップ(+で使用間隔7ターン・性能強化)
インスティンクション:使用間隔8ターン、+Lv75 オーバードライブ時の敵に5倍闇属性ダメージ(+で使用間隔6ターン・5.5倍に性能強化)
フォゴトゥン・テイルズ:使用間隔7ターン、+Lvなし 自分の攻撃30%アップ/モードゲージ減少量アップ

サポートアビリティ
グロウノスの契約者:オーバードライブ時の敵に対して攻撃アップ(ダメージ1.1倍)



【グラブル】リセマラでバザラガは当たりなの?評価


バザラガの特徴

バザラガは数字を見ただけで他と比べてATKが高いことに気づけるくらい、攻撃に特化したキャラクターです。

アビリティもそれに沿うものばかりですので、運用はしやすいタイプと言えるでしょう。

「大鎌グロウノス」は敵に闇属性ダメージを与え、自分の奥義ゲージをアップさせます。

使用間隔が少し長めなので慣れは必要かもしれませんが、奥義ゲージを合わせたいタイミングなどで使い、積極的にフルチェインを狙っていきましょう。

「インスティンクション」はオーバードライブ時の敵に大ダメージを与えるアビリティです。+がつくと使用間隔が一気に狭まり、十分強かった攻撃力が5.5倍に性能強化されます。

オーバードライブ時の敵にガンガン使っていきたいアビリティです。

「フォゴトゥン・テイルズ」は自分の攻撃力をアップさせます。30%アップという数字は非常に大きく、あるとないとでは攻撃力は目に見えて変わります。主人公のアビリティ「レイジ」などと重複してしまうので、レイジのタイミングとずらして使うなど調整していきましょう。

レイジとうまくずらすことが出来れば、ほぼ常時攻撃力がアップした状態で戦えます。

バザラガはサポートアビリティでもオーバードライブ時の敵へのダメージアップを持っています。「インスティンクション」の攻撃力はこのおかげで更にアップしていますので、状況次第ではありますがバフを気にしなくても高い火力が出せるキャラとなっています。



バザラガは使える?

「攻撃力のお化け」と言われるバザラガは間違いなく頼れる存在です。

SSRなのでレベルが上がるのに多少時間がかかりますが、序盤からその攻撃力は感じ取れるでしょう。

最終上限開放はされていませんが、現状でも十分な戦力だと思います。

バザラガは欠点もあまりありません。

敢えて言うならアビリティの使用間隔が多少長めなことと、後々まで考えると「種族:ドラフ」なので汎用性の高いバハムートダガーの恩恵は得られないことくらいでしょうか。

しかし闇属性SSRのドラフには、ナルメアというこれまた強いキャラがいます。

いっそドラフを主軸にパーティを組むことも考慮に入れてよく、今後のキャラの揃い方で方向性を決めれば十分だと思います。

仮にバハムートウェポンの恩恵がなかったとしても、バザラガは十分な攻撃力を持っています。間違いなく使えるキャラであり、リセマラ時に出た場合は当たりと言えるでしょう。



まとめ


バザラガは元々驚くほどの攻撃力を持っていますが、ストーリー上深く関わっているキャラクター・ゼタとのクロスフェイトエピソードがあります。

ゼタもSSRなので必ず入手出来るとは限りませんが、手に入れた場合はクロスフェイトエピソードもしっかりこなしておきましょう。

攻撃力が更に強化されます。

バザラガの攻撃力の安心感は保証します。

リセマラで出した場合も間違いなく当たりですので、ぜひそのまま運用することをオススメします!

⇒⇒グラブルを無課金で攻略する方法とは?

このページの先頭へ