【グラブル】リセマラでゼヘクは当たりなのか?評価した

⇒⇒グラブルの宝晶石を無料で手に入れる裏技

リセマラでゼヘクが出た場合の能力紹介、また運用方法などをまとめました。

ゼヘクはレジェンドガチャで引けるRバージョン、そして過去のイベントの配布SRバージョンとがあります。

こちらではレジェンドガチャで引けるRバージョンの紹介とさせていただきますので、ご了承ください。

ゼヘクはRなのでリセマラとしてはハズレかもしれませんが、Rとしては高い性能を持っています。

キャラの見た目で思わずリセマラ終了を考えた方もいるかもしれませんね。イベント版も復刻を待たれる人気キャラです。

序盤のキャラとしては十分優秀ですので、以下のデータなどをご覧いただければと思います。



【グラブル】リセマラでゼヘクは当たりなのか?評価した


ゼヘクのデータ
レアリティ:R
属性:闇
タイプ:攻撃
種族:ヒューマン
加入条件:マンダウ入手(レジェンドガチャ)
声優:KENN
HP(Min/Max):164/650
ATK(Min/Max):1180/4720(+250)
※カッコ内はクロスフェイトエピソードクリア時

奥義
マリスティアエッジ:闇属性ダメージ(中)

アビリティ
ダークミスト:使用間隔6ターン、+Lv45 敵に闇属性ダメージと暗闇効果(+で性能強化)
ダーク:使用間隔7ターン、+Lvなし 敵に闇属性ダメージ(中)

サポートアビリティ
なし



ゼヘクの特徴

ゼヘクはRにしては高い火力、そして攻撃に特化したアビリティと、初心者にも分かりやすい構成となっています。

その分防御面が若干不安なので、回復キャラなどと同時に運用することをオススメします。
「ダークミスト」は、敵に闇属性ダメージと暗闇を付与するアビリティです。

暗闇を付与出来る確率も悪くなく、当たれば敵の攻撃を外させる可能性が高くなりますのでどんどん使っていきましょう。

+がつけば性能が更に強化されます。

「ダーク」はダメージを与えるアビリティです。

使用間隔が少し長めですが、単純なダメージソースとして使用可能になればどんどん使っていきましょう。

攻撃力や奥義ダメージなどは「Rにしては高い」と言ったレベルですが、分かりやすく攻撃に特化しているので運用に悩むようなところはありません。



ゼヘクは使える?


ゼヘクは分かりやすい攻撃アビリティを持ち、暗闇効果を付与することも出来るので初心者向けのキャラクターだと言えます。

防御面に不安なところはありますが、暗闇付与により味方全体の総ダメージを減らせますので、結果的にプラスではないでしょうか。

また、水属性SRのマイシェラとのクロスフェイトエピソードがあります。

このクロスフェイトエピソードをプレイするには、マイシェラを入手する必要があります。

クリアできれば更にATKにボーナスが入り、火力アップに繋がります。

グラブルのフリークエストなどにはRキャラ限定など制限が入ったものがあります。暗闇を付与出来るゼヘクは、攻撃力とHPがどうしても低くなるRキャラ限定クエストなどには頼りになる存在です。

Rキャラ限定の場合は優先的に優先的に入れている方も多く居ます。

闇属性は弱点がないのでどの属性が相手の際も運用しやすく、例え主力のパーティにゼヘクが入らなくなったとしても活躍の場がなくなることはありません。

暗闇を付与出来るとはいえHPが低めなことに変わりはありませんので、編成する際は回復キャラと同時に入れることをオススメします。

キャラが揃わない序盤にそれが出来るのか不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、シナリオの最初に仲間になるキャラクター「カタリナ」はダメージカットや回復を持っていますので困ることはないと思います。



まとめ


キャラクターが増えてくると、いずれは攻撃力的にどうしてもSR以上に譲ってしまうことになるとは思います。

しかしそれまでは十分パーティの主力となって戦ってくれますし、Rということで育成も比較的ラクに進められます。

序盤からSSRなどレアリティの高いキャラを入れると上限解放などが負担になることもありますので、ゼヘクを引いて気に入られたのならそのまま遊ぶことも検討して良いのではないでしょうか。

長くゼヘクにお世話になったプレイヤーも多くいます。ぜひ使ってみてくださいね。

⇒⇒グラブルの宝晶石を無料で手に入れる裏技

このページの先頭へ