【グラブル】リセマラでサタンは当たり?評価した

今流行りのソーシャルゲーム「グランブルファンタジー」

やはり始めるなら、最初から強いカードを引いてプレイしたいと思うのは誰もが思うこと。

ということで、今回はリセマラで召喚獣SSRサタンが引けたら当たりなのか否かを、独自の視点で評価したいと思う。


【グラブル】リセマラでサタンは当たり?評価した


まずサタンの性能を見ていきたいと思う。

属性は闇。ATKは2390。HPは710。
召還時の効果は……
敵全体に闇属性ダメージ(特大)
暗闇効果
召喚までの間隔:9ターン


加護効果は……
闇属性攻撃力40%UP/土属性攻撃力40%UP
最大解放:攻撃60%UP
となっている。

召還時の効果は暗闇効果(敵の命中率が大幅に下がる状態)の付与。

これだけ聞くとすごく地味に見えるかもしれないが、このアビリティを付与できるキャラクターが少なく、暗闇効果アビリティを持っているだけで、有用性がある。

その上、主人公が使うことが出来るブラインドと同じレベルの効果を持っていることも注目したい。

成功すれば、180秒の間、敵を暗闇効果にしておける。

弱点属性である光属性の敵以外には付与率は高くないが、たとえ付与できなくても闇属性ダメージも召喚獣の中では高火力なので、素打ちしてもまったく問題ない。

加護の効果は闇と土の攻撃力アップ。闇属性専用アップ召喚獣と比べると、明らかにアップ率は落ちるが、それでも優秀。

土属性のキャラクターを出張させてきても、戦力ダウンすることなく運用すること出来ることに注目したい。



サタンの使い道


加護の能力の低さから、メインでの運用は終盤厳しくなってくるため、サブの暗闇要員として使うことがメインとなる。

最大解放すると凄まじいアタック力になるので、パーティーのパラメーターアップという名目で使ってもいい。

あらゆる場面の保険として、サブに入れておきたい召喚獣だ。



・まとめ

サタンは混成攻撃力アップ召喚獣の中では、優秀な召喚獣だ。

暗闇効果と、ステータスの高さがパーティーに恩恵をもたらしてくれる。

初心者でも困ること運用でき、手に入れた時点から腐ることはないだろう。

だが、リセマラで召喚獣を狙うことを、筆者はオススメしない。

召喚獣も弱くはないが、それはパーティーが揃ってからの話だし、そもそもキャラクターと違い、召喚獣は同じ召喚獣を引いていかない限り、レベルの上限解放が出来ない。

つまり1枚しか手に入れないのであれば、永遠に初期状態の強さしか手に入れられないのだ。

よほどその絵柄が気に入ったとかじゃない限りは、SSRキャラクターをリセマラでは狙うべきだ。

なので、結論としてはリセマラでサタンなどの召喚獣が出た場合は全て外れ。大人しくリセマラし直そう。

召喚獣性能としては100点満点中、80点。リセマラとしての価値は0点。

以上がサタンの個人的評価になる。

ぜひこれを参考に、有意義な騎空団ライフをはじめて欲しい。

【グラブル】サタンの使い道!エレメント化する?

このページの先頭へ